サプリメントで健康的な美ボディーを手に入れよう

四つの様々な錠剤

サプリメント効果

気をつけるべきこと

グルコサミンとコラーゲンに対しては、アレルギー反応に対しての配慮を検討する必要があり、甲殻類や肉に対してのアレルギーを持つ方は避けたほうがいいということはよく知られています。
しかし、それ以外にも含有されている場合には気を付けておいたほうが安心できる場合もあるのです。
例を挙げると、一緒に取り入れたほうがいい成分筆頭というべきコンドロイチンがあります。
コンドロイチンには硫酸と塩酸があるのですが、どちらも手術後の抵抗力が少ないときや、妊娠中、生理前後などの時には、飲むことを避けるべきです。
これは、血管などを作るときに血管新生作用といわれている成分が体内で出るのですが、その作用を抑制してしまう効果がみられるからです。
そのため、取り入れるときには医師に相談することが重要といえます。
薬と違ってサプリメントは複数の製品を組み合わせて飲んでもほとんどの場合、問題ありません。
過剰に栄養分を取らないように注意をしておく必要がありますが、特定の飲み合わせでは大きな効果を期待することもできます。
グルコサミン及びコラーゲンのサプリメントでもやはり相性の良い飲み合わせはあるため、工夫してこれらを飲んでいくことでより関節症などの緩和や予防を期待できるようになります。

MSM配合のコラーゲン

相性の良い飲み合わせとしてまず挙げられるのがコンドロイチンと呼ばれるムコ多糖類の1つです。
コンドロイチンはグルコサミンが生成する物質の1つで、軟骨の成分となります。
このためコンドロイチンの摂取は軟骨の擦り減りの進行を食い止めたり、現在の関節症の症状を緩和させる働きを期待できます。
最近では最初からコンドロイチンが配合されているサプリも多いですが、必要によっては自分で別途コンドロイチンを摂取するのも有効です。
また別の飲み合わせとして活用したい成分がヒアルロン酸です。
ヒアルロン酸もやはりコンドロイチンと同様に軟骨を構成する成分となり、主に軟骨の水分を蓄える働きを持っています。
このように有効な飲み合わせができる成分は複数あり、上手なサプリの活用で更に効果をアップさせることが可能です。

Copyright Obscura 2015. Design by elemis. All rights reserved.